我が子よ 引き離されても父は決して諦めない
離婚で親権を失いました。 子供たちの心身は蝕まれ、約束された面会すら守られていません。子供から引き離された父親が最高裁で争う事も辞さない覚悟で戦う日常を記すブログです。
どう向き合っていくか、自問自答そして紆余曲折
私には信念がある。
私は家族を愛している。別れた妻にさえ今も愛を感じる。私には怒りがある。悲しみがある。
信頼、約束、許し、とは何か。因果応報、復讐心、憎悪の連鎖はどうするのか。
不撓不屈で自らを維持するのか。呪縛を解き別の道を模索するのか。

今は分からない。目の前にある「結果を得る行動」を堅持するのみ。

やらずして過ぎるより、やった事に意味を見出したい。結果は問わない。
今はそう思っている。そして常に自問自答している。
サイトの構成は「過去」と「現在」の記録がメインです。 概要はこちら。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【資料】 (TVニュース)離婚後も子どもに会えるように(NHK)
2008年7月13日 親子の面会交流を実現する全国ネットワーク 発足集会の時のTV報道

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kspro/nhk_news.wmv



テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【情報】 シンポジウム離婚家庭の新しいかたち 共同親権―子どもが両方の親から育てられるために
親子の面会交流を実現する全国ネットワーク(仮称) より転載。

●シンポジウム
離婚家庭の新しいかたち
共同親権―子どもが両方の親から育てられるために

08年11月9日(日)13:30開場14:00開始~17:30

アカデミー文京(地下鉄後楽園駅下車すぐ)
レクリエーションホール(文京シビックセンター地下1階)

参加費 500円

[【情報】 シンポジウム離婚家庭の新しいかたち 共同親権―子どもが両方の親から育てられるために]の続きを読む

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【未分類】 家庭裁判所の調停委員という人
家裁の調停では調停委員という人が申立人と相手側の間に立って調停をする。
調停委員の人は千差万別で、その人によりやり方も考え方も違う。

実際、自分の調停で担当した調停委員にこんな人がいる
[【未分類】 家庭裁判所の調停委員という人]の続きを読む

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【想い】 お前達の隣では誰が何を?
我が子よ。

電話口で僅かな時間声を聞かせてくれる我が子よ。
このコールをするためにどれだけの努力と忍耐が必要であったか・・・しかし、お前達の声が聞けるのなら、私の言葉がお前達に届くのなら、それも、報われる。

しかし、お前達のその頻繁に言葉を詰まらせ、なんでもない問いかけへの答えに奇妙な沈黙があるのはなぜだ?
そして、性急に電話を切ろうとする突然の「もう寝るから」という台詞から感じる違和感は何だ?

[【想い】 お前達の隣では誰が何を?]の続きを読む

テーマ:モラルハラスメント - ジャンル:結婚・家庭生活

【現在】 子供の家の近くに住居を、と考える
2008年3月のことだ。
面接交渉が調停調書や、日時や条件の詳細を記した双方の実印を押した「覚書」通りに行かなくなったので、しばらくどうしたものか、と考えた。

子供達は、平日はほぼ全て習い事がはいり、週末は複数の地域の行事に参加する予定が入っているらしい。
子供達の母親(元の妻だが、今となってはどういう代名詞を適用すればいいのか分からない)は・・・

子供達が参加したいと望んでいるのに、それを止めさせてまで面会させろというのか?!
毎日忙しくて、その上面会をさせたら体調が崩れてしまう、それでもいいのか?!



と、言っている。
本末転倒、面会すらさせられない日常の忙しさとはどういうかとか、と正気を疑う。

しかし、面会に関して、融通の幅を広げて、子供の負荷を下げる努力は必要だ。
いろいろと考えてみた。

[【現在】 子供の家の近くに住居を、と考える]の続きを読む

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

copyright © 2005 我が子よ 引き離されても父は決して諦めない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。